鑑定情報誌「synergy」

会員間で各種の技能知識、情報を共有して業界全般の技能レベル向上に役立てる目的のもと、個々の現場体験や鑑定業務に関する各種の実務知識、理論の発表、そして情報提供の場として、鑑定人のための「鑑定情報誌」シナジーを年1回発行しております。

鑑定情報誌「synergy」
2013年3月号 Vol.14では、損害保険鑑定人の役割についてや、日本の住居《古代編》などの特集が掲載された

synergy(シナジー)とは

シナジーとは協働作用すなわち、個々の働きが相互に作用し合って全体として大きな力となっていくことを意味する言葉です。個々の力が輪となって相互に働きかけ合い、大きな力を発揮していけることを願い本誌の名前としました。